08/08 Make It with Edison!, News

やってみよう番外編! アナログ工作×Edisonでつくるインタラクティブな『ハエトリグサ』

これまでにもEdisonを使ったWebサーバーやクリスマスハットの制作過程を紹介してきたが、今回はニューヨークのPaul Chengさんがinstructablesで公開していたハエトリグサを紹介しよう。

Edisonが搭載されたこのハエトリグサは、スマートフォンを使ってインタラクティブに遊ぶことができる。例えばスマートフォンを使ってハエトリグサに餌をあげたり、水を上げたり、スマートフォンのフラッシュライトで光を当てて喜ばせることもできる。これらはすべて本体に付けられたそれぞれのセンサー、あるいはクラウドサーバー経由で行われている。

では早速作り方をみていこう。

<用意するもの>
インテル® Edison キット For Arduino
サーモモーター
使い捨ての紙皿
ワイヤー
ホットグルー
両面テープ
画用紙
プラスチックの植木鉢

<制作手順>
Step 1: 完成形をデザインする

Step 2: 使い捨ての紙皿を使って花の部分を作る
作り方はこちら:
https://www.google.com/#q=venus+fly+trap+paper+plate

Step 3: 不要なワイヤーを使って茎の部分を作る

Step 4: ホットグル―を使って花と茎を接合し、花の裏側に両面テープで緑色の画用紙を付けて見た目を良くする

Step 5: サーボモーターを茎の根元に取り付ける

Step 6: プラスチックの植木鉢の底にコードが通せるくらいの切込みを入れる

Step 7: サーボモーターを植木鉢の中に取り付ける

Step 8: 植木鉢に小銭などを入れて重しをする

Step 9: 紙で葉っぱの部分を作る

Step 10: EdisonとArduinoボードに接続する(サーボモーターはピン9に、ライトセンサーはアナログピン3に接続)

Step 11: Arduinoのソースコードを使う
https://github.com/bestpaul1985/Venus_Fly_Trap_inter_ioT

詳しい制作手順の画像がこちらで見られるので、あわせて参考にしてほしい。

SOURCE: instructables